自然のままでも充分に美しく、それぞれの石に意味があるのが魅力と言えるでしょう。

パワーストーンが秘めた美しさ

パワーストーンはその名の通り特殊なパワーを秘めた石です。

 

 

パワーストーンが持つ様々な力を利用するために、何時でも身近に置いておくと良い物です。

 

 

パワーストーンのその魅力は、なんといっても美しさでしょう。

 

 

磨かれて形を整えられているものは言うまでもありませんが、自然のままでも充分に美しいのがパワーストーンです。
石の中に秘められている力が具現化したような、力強さを感じさせてくれます。

 

パワーストーン

インテリアとして置物のようにおいていても良いし、アクセサリーに加工していつでも身につけながらそのパワーを感じることもできます。

⇒様々な形で親しまれるパワーストーン

 

天然のパワーストーンはその力も強く、美しさも一際です。
カラーも様々で同じものは何一つありません。

 

 

多数のパワーストーンの中から、自分に合ったものを見つけるというのは、そのパワーストーンに自分が呼ばれているからなのかな?という不思議さも感じさせてくれます。

 

 

いつまで見ていても飽きさせないその魅力は、やはりそのパワーストーンが独自に持つ魅力なのでしょう。

 

ストーンマーケットでは、天然石をあしらった可愛らしいデザインのアクセサリーが販売されており、気軽にパワーストーンを身につけることができます。
全国に店舗が展開されているので、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

 

たくさんの石には意味がある

 

パワーストーンは様々な種類が存在します。
地球上の鉱物の種類は約4000種類以上あると言われています。

 

そのうちパワーストーンと呼ばれるものは約300種類存在しています。
それぞれの石にはそれぞれが得意とするパワーが存在します。

 

パワーストーン本体にもそれぞれに特殊な能力は存在しているのですが、パワーストーンの色によってもその力は変わってきます。

⇒パワーストーンの効果について

 

石

例えば
  • 緑の物は穏やかに心のバランスを取ってくれたりします。
  • 黄色のパワーストーンは金運パワーストーンに用いられています。
  • ピンクの物は恋愛にパワーを与えてくれるので恋愛パワーストーンに多く見られます。

 

石の持つ力と、石のカラーが深くかかわってくるのです。

 

 

自分が今どのようなことで悩んでいるのか、何を解決していきたいのかなどによってもパワーストーンの選び方は変わってくるのですが、一番大切なことはパワーストーンとのフィーリングでしょう。

 

 

勧めてもらったパワーストーンが自分に合わないものであれば、失くしてしまったり忘れてしまったりしがちになってしまいます。
どのようなパワーストーンが良いのかを最終的に決めるのは、そのパワーを受ける本人が選ぶのが良いでしょう。

 

 

相性の良い石であれば、大切に扱い更なる愛情が生まれることでしょう。

 

 

 

パワーストーンの組み合わせ

 

様々な力を秘めたパワーストーンですが、力を貰うためにパワーストーン同士の相性の良い組み合わせというものが存在します。

 

 

組み合わせ

組み合わせ次第で様々な効果が期待できる上に、デザイン上も素敵なものになるからです。

普段から身につけておきたいアクセサリー類などにした場合、パワーも感じつつデザインの良い物の方が好まれます。

⇒宝石とパワーストーンの違いについて

 

石の持つパワーが大きいもの同士では、パワーが相殺されてしまう場合もあります。
選ぶ場合はやはり直感を信じて選ぶのが良いでしょう。

 

 

基本となるパワーストーンにどの石を組み合わせるのが良いのかは、人それぞれの好みに似ていてやはりフィーリングがものを言います。

 

 

常に身につけていたいパワーストーンであれば、自分のお気に入りを選ぶのが良いでしょう。
パワーストーンをアクセサリーにした場合は、付ける場所によっても効果が変わってきます。

 

ピアスの場合、指輪の場合(指輪の場合は指によっても変わります)、ブレスレットの場合、キーホルダーの場合、パワーが欲しいと思っているのならどこの場所へ付けると良いのか、知っておくとより効果が感じられるでしょう。

 

パワーストーンは身につけていることでその効果を感じるものです。
できればなるべく身につけて、その効果を実感してみて下さい。

 

 

身につけていてもおかしくないチャームとして持ち歩けるのが、パワーストーンの魅力の一つと言えるでしょう。