星座別のパワーストーン、星座の属性、支配星、星座の神、星座石の色をご紹介します。

星座の守護石について

星座別のパワーストーンは、身に着けていると幸福になる、願い事がかなう、災難から逃れるという理由でお守りのように身に着けるパワーストーンです。

 

各星座には、支配星(守護星)とその象徴される神があり、それらの性質のパワーのあるパワーストーンや守護石の色が選ばれています。

 

各星座の属性(四元素)の意味は

  • 火(情熱的で誇り高い、リーダー格。)
  • 土(現実的、バランス感覚に優れる、インスピレーションが発達。)
  • 風(知的、流動的、情報を扱うのに適する。)
  • 水(情緒的で交流を大切にする。)

となっています。

 

 

・おひつじ座(3月21日~4月19日)

カーネリアン、ブラッドストーン、ルビー、インカローズ、サンゴ

 

牡羊座は、火の属性を持ち、支配星は、火星で星座の神は、軍神アレス(マルス)です。
星座石の色は、赤い色です。

 

 

おうし座(4月20日~5月20日)

エメラルド、グリーンアベンチュリン、マラカイト、ローズクォーツ

 

おうし座は、土の属性を持ち、支配星は、金星で、星座の神は菜園の守護、美と愛の女神アフロディテ(ヴィーナス)です。

 

星座石の色は緑、青、淡い色です。

 

 

ふたご座(5月21日~6月21日)

タイガーアイ、アレクサンドライト、シトリン

 

ふたご座は風の属性を持ち、支配星は、水性で、星座の神は幸福、富裕、商売、旅人の守護神ヘルメス(メルクリウス、マーキュリー)です。

 

星座石の色は黄色、淡い色です。

 

 

かに座(6月22日~7月22日)

水晶、真珠、ムーンストーン、アクアマリン、ターコイズ

 

かに座は水の属性を持ち、支配星は、月 星座の神は狩猟と家畜の保護神、誕生、多産、子供の保護神アルテミス(ディアナ)です。

 

星座石の色は白、銀、水色です。

 

 

しし座(7月23日~8月22日)

ルチルクォーツ、シトリン、カーネリアン、ダイアモンド、ルビー
しし座は火の属性を持ち、支配星は太陽、星座の神は音楽、医術、弓術、預言、光明の神アポロン(アポロ)です。

 

星座石の色は金、赤、黄色

 

 

おとめ座(8月23日~9月22日)

カーネリアン、サードオニキス、ローズクォーツ、インカローズ、ロードナイト

 

おとめ座は土の属性を持ち、支配星は水星でふたご座と同じです。
星座の神は幸福、富裕、商売、旅人の守護神ヘルメス(メルクリウス、マーキュリー)です。

 

星座石の色は温かみのある色、淡い色です。

 

 

てんびん座(9月23日~10月23)

ペリドット、ローズクォーツ、トルマリン、オパール

 

てんびん座は風の属性を持ち、支配星は金星、おうし座と同じで、星座の神は菜園の守護、美と愛の女神アフロディテ(ヴィーナス)です。

 

星座石の色はピンク、緑などの淡い色です。

 

 

さそり座(10月24日~11月22日)

ブラッドストーン、ガーネット、フローライト、オパール、ムーンストーン、トパーズ

 

さそり座は水の属性を持ち、支配星は冥王星、星座の神は、黄泉の世界の支配者ハデス、プルトン(プルートー)です。

 

星座石の色は赤色です。

 

 

いて座(11月23日~12月22日)

アメジスト、ラピスラズリ、ターコイズ、トパーズ

 

いて座は火の属性を持ち、支配星は木星、星座の神は最高神、天空神、神々と人間たちの父と言われるユピテル(ゼウス)です。

 

星座石の色は紺色、紫色です。

 

 

やぎ座(12月23日~1月20日)

オニキス、ガーネット、へマタイト

 

やぎ座は土の属性を持ち、支配星は土星、星座の神は、農耕の神クロノス(サトゥルヌス、サターン)です。

 

星座石の色は赤、黒色です。

 

 

みずがめ座(1月21日~2月18日)

アメジスト、ムーンストーン、アクアマリン、ラピスラズリ、ブルーサファイア

 

みずがめ座は風の属性を持ち、宝瓶宮とも呼ばれます。
支配星は天王星、星座の神は、最初の神々の王である天空神ウーラノス(ウラヌス)です。

 

星座石の色は青、黒色です。

 

 

うお座(2月19日~3月20日)

アクアマリン、タンザナイト、水晶、ターコイズ

 

うお座は水の属性を持ち、双魚宮とも呼ばれます。
支配星は海王星、星座の神は海の主神、大地、泉、地震、馬の神ポセイドン(ネプトゥヌス、ネプチューン)です。

 

星座石の色は青、紫色です。