干支による守護石、ラッキーカラー、サブストーン、その特徴をご紹介します。

干支の守護石について

十二支による守護石はかつては仏教の七宝(金、銀、瑠璃、琥珀、瑪瑙、サンゴ、真珠)の中から選ばれていいましたが、現在では十二神将の御神体の色にちなんだ色のパワーストーンを守護石にされるようになりました。(経典により若干のちがいがあります。)

 

自分の生まれた年の干支に関したものを持つと開運すると言われ、その年の干支を飾ると一年間幸せと繁栄をもたらすと言われています。

 

また向かい干支(守り干支)は、自分の干支から数えて七番目の干支を言い(たとえば子年の向かい干支は午年)、相性が良くその干支のものを持つことも開運、出世、幸運のお守りとされています。

 

 

干支によるラッキーカラー守護石とサブストーン その特徴
  • 子年 (黄色)琥珀 トパーズ 動と財。
  • 丑年 (白色)真珠 ムーンストーン 粘り強さと誠実。
  • 寅年 (黄色)タイガーアイ キャッツアイ 決断力と才知。
  • 卯年 (緑色)ヒスイ エメラルド 温厚で従順。
  • 辰年 (紅色)カーネリアン ガーネット 正義感と信用。
  • 巳年 (煙色)ブラックパール オニキス へマタイト 探究心と情熱。
  • 午年 (紅色)サードオニキス ルビー 陽気で派手好き。
  • 未年 (紅色)赤サンゴ インカローズ 慎重、円満。
  • 申年 (白色)水晶 オパール 器用 臨機応変。
  • 酉年 (黄色)シトリン トパーズ、イエローアゲ―ト 親切 世話好き。
  • 戌年 (青色)ラピスラズリ サファイア 勤勉 努力。
  • 亥年 (紅色)紅ヒスイ ルビー、ローズクォーツ 勇気冒険。

 

この他、干支による守護神が決まっており、守り本尊とも呼びます。

 

守り本尊、梵字などを水晶に書かれてあるものを厄除けや、幸福祈願、成功祈願に身に着けると御利益があると言われています。

 

  • 子年     千手観世音菩薩 キリ―ク
  • 丑年、寅年  虚空蔵菩薩   タラーク
  • 卯年     文殊菩薩    マン
  • 辰年、巳年  普賢菩薩    アン
  • 午年     勢至菩薩    サク
  • 未年、申年  大日菩薩    バン
  • 酉年     不動明王    カーン
  • 戌年、亥年  阿弥陀如来   キリ―ク

 

 

>>誕生石とその意味についてはこちら<<