宝石やパワーストーンを身につけ、明るく楽しく過ごすことが、自分自身に力を与えます。

宝石とパワーストーンの違いとは

ジュエリーと呼ばれる宝石は、希少性が高く、年月を経ても劣化しにくいものを呼びます。
この類から微妙にずれるものを半貴石と呼びます。

 

 

ジュエリー(宝石)とジェムストーン(半貴石)の違いは、人によって微妙に違ってくるようです。

 

 

宝石とパワーストーンの違いも同じように、身につける人によって変わってくるものと考えられます。

 

 

石の形成過程は、宝石もパワーストーンも同じように長い年月をかけて結晶化し、私たちのところへやってきたものです。
地球が結晶を作る過程において、優劣を決めたりしていないように、宝石と半貴石と呼ばれるものの違いは私たち人間が勝手に決めているものに過ぎません。

 

 

宝石店で並べられている美しい宝石たちもまた、パワーストーンと言えるのです。

その石を身につけることで嬉しさや楽しさがアップするのであれば、ジュエリーアクセサリーもまたパワーストーンと呼べるのではないでしょうか。

 

 

パワーストーンは石本来が持つ力を私たちに与えながら、人が持つ力を導き出してくれるものと考えられています。

 

 

宝石アクセサリー

身につけた宝石によってそうした効果が導き出されているのならば、宝石もまたパワーストーンなのです。

 

 

宝石によって身を飾っているので自信が出たり嬉しかったりする訳で、パワーストーンだからではないと考える方もいるかもしれません。

 

 

しかしこのような考え方が、もう既に宝石から力を貰っている状態だとは考えられないでしょうか。

 

 

パワーストーンはこういったものという思い込みは必要ありません。

 

 

アクセサリーになっていない自然なものがパワーストーンであるといった定義も、誰もしてはいません。

 

 

石から感じる感覚を受けながら、自分自身が楽しく輝いていけるのであれば、広義の意味でのパワーストーンと言えるのではないでしょうか。

 

 

明るく楽しく過ごしていくことが、自分自身に力を与えてくれるのです。
パワーストーンや宝石は、こうした働きで人生をより良い方向に変えていってくれるきっかけにすぎないのです。